小さなポリープの切除の実際

小さなポリープはそのままでは完全には切除できない場合が多いので、

完全な切除をしようとするとこのようにポリープの下に液体(自分の場合は理論を優先して生食が多いです。

なぜなら電気伝導が一番悪いので周りへの熱凝固の影響が一番少ないはずだから)を注入しておもちが膨れ上がったような形にしてワイヤーをかけます。

 

最後はポリープ切除後の出血を予防するため(完全には不可能ですが、かなりゼロに近づけることができるような気がします。自分がク開業後はクリップを徹底してかけた場合・・・出血例は今のところありません)クリップをかけます。
このかけ方にもおそらくセンスと技術があると思います。

コメントは受け付けていません。