★麻酔を使用する大腸内視鏡に関する注意点

大腸内視鏡検査に軽い麻酔を使用することは先進国一般では普通の事のようです。

楽な検査ということは大きなメリット(長所)なのですが・・・

長所というのは見方を変えれば必ず短所にもなります。

最大の欠点は検査後すぐに帰宅できないこと

またかなり長時間、ふらふらしたり、記憶があやふやになることです。

当然と言えば当然なのですが・・・結論的に重要なことを述べます。

検査に車や、バイク(自動二輪)、自転車で来てはいけません。

検査終了後、まだふらふらしていることが多いので、交通事故などにある場合があります。この事故の責任をとれません。

絶対に車や、バイク(自動二輪)、自転車で来ないようにお願いいたします。来られた場合は検査ができません。中止となります。

上記の点厳守をよろしくお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。